エンタメ情報を知ろう

アメリカ音楽の代表ジャズ - 音楽の種類

音楽の種類 > アメリカ音楽の代表ジャズ

アメリカ音楽の代表ジャズ

ジャズはアメリカ南部で生まれたアフリカ系アメリカ人の音楽とされています。
19世紀から20世紀初頭にジャズの技術と理論の基礎が作られたようです。

アフリカ系アメリカ人のリズム感覚と音楽形式が融合し演奏の中に、スウィング、バラード、シンコペーション、ブルー・ノート、コール・アンド・レスポンス(掛け合い演奏)などの要素を組み込むことによって、独特の音楽が形成されることになります。
ジャズは演奏者の技術の高さと才能に大きく左右されることになると言われています。

非常に自由な音楽的表現形式と言われ、アフリカ系アメリカ人だけでなく白人音楽家にも取り上げられジャズの技法や理論も大幅に発展しました。
日本には1900年頃に伝わったとされていますが、全盛期は第二次大戦が終結し、アメリカが日本に駐留した時期に本格的なジャズブームが起こりました。
1950年代の後半ごろから日本のジャズファンが多くなり、ジャズ喫茶と言われるジャズを聞かせる喫茶店が都市部にできましたが、1970年代からはジャズ喫茶も下火となっています。

check

Last update:2017/4/11

top