エンタメ情報を知ろう

ポップスは、グループ・サウンズから - 音楽の種類

音楽の種類 > ポップスは、グループ・サウンズから

ポップスは、グループ・サウンズから

ポップ・ミュージックが正しい英語での言い方で、「ポップス」は和製英語です。
ポップスの代表的な歌手は、フランク・シナトラやマイケル・ジャクソンが挙げられるのではないでしょうか。

多くの人が踊ったり、歌ったりできる参加型の音楽がポップスの代表的な音楽とされています。
歌の内容も恋する人を想う歌や、恋愛をテーマにしたものが多く、ダンス向きのリズムとメロディーで構成されています。

多くの場合、歌詞の反復があり口ずさみ安い歌詞で、誰でもが歌える要素が大きい歌となっているとされています。
日本でポップスが一般的になったのは、グループ・サウンズが1960年代後半に大流行し、その後ポップスというジャンルで多くの歌手が誕生しました。

ロックミュージックとは違い、気軽な音楽でダンスを楽しんだり、ある人を想ってひたすらに愛を語るような歌詞がその時代の若者をとりこにしていた時代がありました。
グループ・サウンズで活躍した人達がその後の日本のポップス系音楽を作り上げていく、基礎を今でも作っていると言われます。

top